重要なお知らせエリアを非表示

黒さつま鶏の鍋セットをお取り寄せ|鶏寅陽

鹿児島のプレミアム地鶏を産地直送で! 鹿児島の黒さつま鶏を使用した薬膳鶏しゃぶセット

About わたしたちについて

鹿児島県産”黒さつま鶏”とは?

黒さつま鶏は、鹿児島県の地域産業の発達を目指す為に生み出されました。かごしま黒豚・鹿児島黒牛といえば、日本全国に知られる名ブランド。そんな鹿児島の“黒”を背負う第3の特産品を誕生させるべく、鹿児島県の畜産試験場が研究を開始したのが平成13年。それから実に6年もの歳月を費やして誕生したのが「黒さつま鶏」です。

Feature 3つの特徴

  • 01

    ”黒さつま鶏”の味わい

    Taste
    黒さつま鶏の味わいですが、食べると、プリプリと歯切れ良い適度な歯ごたえと柔らかな肉質のバランス。また、地鶏としては脂の乗りが良いことに加え、旨味成分であるアミノ酸が豊富に含まれているため、噛むとジューシーな肉汁と旨味が口いっぱいに広がります。その深みある味わいは「他の地鶏にはない食感」として、他のプロの料理人からも多くの好評を得られています。
  • 02

    薬膳鶏しゃぶのこだわり

    Commitment
    旨味を凝縮させたコラーゲンたっぷりの特製鶏白湯スープや、山芋を入れてふわっとした食感をもたせたつくね、独自のスライス法で処理されたもも肉とむね肉など、材料すべてにこだわりをもっています。とくにスライス法については様々な方法を試した結果、マイナス2度の温度帯でスライスすると最も美味しく食べられることを突き止め、数百万円のスライサーで処理。スープは薬膳食材として用いられる8種のスパイスをブレンド、国際薬膳師の監修の下で開発しています。美容、健康、長寿など様々な効果があるとされています。
  • 03

    飼育方法

    Breeding
    黒さつま鶏と言っても一括りではなく、生産者によって飼育期間・飼育方法等が違いますので、自ずと味わいも変わってきます。私の店舗で取引をさせて頂いている生産者さんでは「飼育密度10羽/m2以下」「飼育期間75日以上」という地鶏の基準がある中で「飼育密度5羽/m2以下」「飼育期間はオス120日、メス150日」という独自基準で飼育されています。
PickUpエリアを非表示
ウェブマガジン旅色の九州お取り寄せグルメ&観光特集に紹介されました



Blogブログ